Information

ここまで進んだ視力矯正手術
視力矯正手術の始まり
進化したレーシックの始まり
近眼はトレーニングで改善できる
近視でも得なことがあります
視力検査の思い出
目の構造
正視
近視
遠視
乱視
視力矯正って?
10RK
11PRK
レーシックの問題点
レーシックの炎症
検査の流れ
予備検査について
イントラレーシックとは?
イントラレーシックの問題は?
その他の視力矯正手術
まだまだある視力矯正手術
どんな眼科で手術はするべきか
矯正手術で超有名な眼科
その他の眼科紹介
近視と乱視
眼鏡やコンタクトを常に所有しなければならない宿命
使っているシャンプーについて
メガネがお気に入り
メガネについて
安い眼鏡屋か、機能性に特化した店の二極化でしょうか
似合う眼鏡の選び方
11歳の娘のメガネを買いました。
ドライブスルーのメガネ店
私にとってのメガネ
子どものメガネに関する話
近未来的なメガネ
ドライアイで目が痛い
ドライアイになった体験談
ドライアイを改善していきたい!
話題のダンスDVDでダイエットしてみたい
季節の変わり目は頭痛が・・
謎の乾燥と痒み
引越し時にも処分できなかったけどやっぱり使わないもの
ひとりサイクリング
花粉症に対するクレーム
健康のために朝食で食べているものについて
健康のために一駅歩く
毎日のラジオ体操で健康
健康リンク1
健康リンク2
美容リンク1
健康=日々の努力

近視レーザー手術を受けた!裸眼でもハッキリと物が見える!

レーザー治療で視力回復が出来るレーシック手術について解説。どうして近視、近眼が治療できるのか?なぜ裸眼でもモノがハッキリと見えるようになるのか?といった理由。そしてどこの眼下クリニックを選ぶのが良いのかも説明しています。


視力検査のイヤな思い出について

私は、子どもの頃から、かなりの近眼です。
目が悪くなったのは、小学校高学年ごろからで、その後、どんどん悪くなっていきました。
私が中学生くらいの頃って、私ほど目が悪い人は、少なくとも私が在籍していたクラスにはいませんでした。
なので、毎年ある視力検査が、本当に苦痛でした。
当時の視力検査は、保健室で機械を使って実施されることもあれば、黒板に視力検査の用紙を貼って、教室で実施されることもありました。
教室での検査だと、クラスの皆が見ている前での検査になるので、とにかく目が悪かった私は、0.1の大きな文字や記号さえ見えず、「あれも見えないの!?」とクラスをどよめかせたものでした。その感じがすごく嫌で・・・。
大人になるにつれて、近眼の人って、かなり増えてきて、今や私ほど目が悪い人だって、それほど珍しくはないと思いますし、当時のことも、そんな気にしなくても良かったようにも思いますが、中学生という感じやすい年頃だったせいもあるのでしょうね。


視力検査の歴史となります

さてさて、視力矯正手術の歴史ですが、これが結構古いんです!
なんと今から140年近く前、1870年ごろに白内障術後の
乱視矯正手術が始まりで、この時は角膜の内皮側から切り込みを
入れてたんです。
そしてレーシックが普及される前まで主役だったRK手術
(放射状角膜切開手術)は、なんと日本が最初だったんです!

この最初に手術を行った人は順天堂大学眼科教授の佐藤先生。
1939年に行われました。
手術方法は名前の通りで、角膜に放射状の切り込みを8本、
16本と入れて角膜中央部を偏平させて矯正するというもの
でした。日本人はホント凄いです!

ただ・・・実は問題が起こってしまったんです。
この手術された方に後遺症が出てしまったんですね、
角膜が白くにごる病気になってしまいます、原因は
簡単に言うと深く切り込みを入れすぎて角膜の内皮まで
切ってしまった為に起こるもので、今でこそわかる
後遺症なんですが当時は分かってなかったようです、
それ以来、日本ではしばらく矯正手術の研究が
進まなくなったようです。

しかし、世界で着々と研究は進んでいきます。
ソ連でフィヨドロフ博士によって、以前日本で行われた
角膜切開の研究を重ねて1970年代前半には、
手術に成功しRKとして確立しました。
その後、フィヨドロフ博士から手術法を学んだ眼科医達は
アメリカ、ヨーロッパと広がり術例も何百万となっていきます。
日本では、佐藤先生以来行われていませんでしたが、
フィヨドロフ博士が考えたRK手術が行われたのは1981年に
なってからです。

その後、ロシア、アメリカ、ドイツでエキシマレーザーが
開発されRKの発展形、レーザーで行うPRKができるように
なります。
その後フィヨドルフ研究所で「プロファイル500」という
ロシアの国自体が認可したレーザーが開発され、これを使った
手術をフィドルフ式PRKと呼ぶようになったわけです。

レーシックが普及されるまでは、視力矯正手術の主流はこの
RKといPRKだったんです。

でも、怖いですよね目を開けた状態でメスを入れるわけですから、
見えますよね・・・。しかも痛みを伴うわけですから。